Fritzing でイラレで作ったsvgを使う

ブレッドボードでの配線図を書く時に便利なのがFritzing です.
Fritzing では, オリジナルの部品を作る時にsvgファイルで部品の形やアイコンを設定します.

ただし, このsvgファイルはInkscapeでやるとうまく取り込めるらしいのですが, Adobe illustrator で作ったsvgファイルだと取り込むのに失敗します.
しかも,  取り込めた時にもサイズが合わないということがあります.

次の2つことを行うことで,  Fritzing でイラレで作ったsvgを正しいサイズで取り込むことができます.

1. 「複製を保存」または「別名で保存」でSVGとして保存する.

次の設定で保存するとFritzingで正しく表示されます.

「書き出し」を使って保存すると,  サイズが変更されてしまいます. 次の場合だと, 足の幅が合っていません

2. テキストを編集してsvgタグにwidthとheightを設定する

widthとheightの値はviewBoxの値をコピーします(画像の場合はheightの値が微妙に違っていますが, 筆者のミスです). 編集には, テキストエディタやatomなどを使ってください.

この問題と方法は海外のフォーラムで取り上げられています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です